HOME > クレイについて > クレイについて

モンモリロナイトを含めた自然粘土鉱物のことを
「ナチュラルクレイ」と呼んでいます。

_P2V0013.jpg


モンモリロナイトとは、非常に高い粘着性と吸着性を持つことで知られるベントナイトという粘土の主成分で、火山の溶けた岩石(マグマ)が噴火で火山灰となり、再び固まった天然の岩石粘土(酸性白土)のことを言います。

私たちはこのモンモリロナイトを含めた自然粘土鉱物のことを「ナチュラルクレイ」と呼んでいます。
フランスのモンモリヨン地方で初めて産出されましたが、火山国日本では新潟、山形、群馬などの日本海側で、良質なモンモリロナイトを多く産出します。
モンモリロナイトと人類の関係は長く、油脂分を吸着する性質を持つことで古くから知られているモンモリロナイトは、昔から世界各地で、美容や洗髪、治療、そして食品製造や農業など人々の生活の様々な場面で使われてきました。
古代ローマ時代には羊毛の脱脂等に使われていました。
「絶世の美女」として知られているクレオパトラも愛用していたということです。
日本では、古くから洗濯粉として使用されてきました。室町時代から江戸時代にかけては、女性の頭を結った油を落とすための洗髪料として使われ、九州方面では古くより泥浴と称して、海底に沈殿した「粘土」を利用して全身の洗浄に使用されてもいました。


モンモリロナイトは、非常に広い表面積(1gあたりテニスコ-ト3面分)を持ち、マイナスに帯電しているので、プラスイオンと呼ばれる、肌にとって有害なバイ菌(有菌)、酸化した皮脂、合成化学物質などを強く吸収・包み込み、30倍以上にも膨む性質がある半面、保水効果のあるヒアルロン酸などの美肌有効成分を放出する性質があります。また他の粘土は乾くとバラバラになるのに、モンモリロナイトはミクロンの薄い膜をつくって水分蒸発を防ぎ、保湿する性質があります。さらに、モンモリロナイトのような成分をもつ鉱物類はいくつか存在しますが、動物性、植物性成分などにくらべると超微粒子でアレルギーもおこりにくいという見解もあるようです。
これらの特性に着目し、スキンケアにしたらすばらしい効果を発揮してくれるのではないかと考えました。

Mironamiのクリームクレンザーは、およそ3億年前に出来た地層部分の、厳選された良質な国産ナチュラルクレイを使用しています。クレイ含有量はなんとおよそ20%。今までになかった新しいスキンケアを実感してみて下さい。

_P2V0017.jpg

しっとり感が人気!

モンモリロナイトとは、非常に高い粘着性と吸着性を持つことで知られるベントナイトという粘土の主成分で、火山の溶けた岩石(マグマ)が噴火で火山灰となり、再び固まった天然の岩石粘土(酸性白土)のことを言います。
私たちはこのモンモリロナイトを含めた自然粘土鉱物のことを「ナチュラルクレイ」と呼んでいます。
フランスのモンモリヨン地方で初めて産出されましたが、火山国日本では新潟、山形、群馬などの日本海側で、良質なモンモリロナイトを多く産出します。