HOME > クレイについて > 吸着性・粒子

mironamiのクレイ(最高級のモンモリロナイト)は、
とても特徴的な構造をしています。

クレイの結晶は、極薄のカード状の粒子が、
それぞれお互いに電気的に引き付けられ、
いくつも折重なったような構造をしています。

その粒子は一辺が200~300ナノメートルという大きさで、
その薄さは1ナノメートルほどしかありません。
毛穴が0.1~0.2ミリメートルと言われていますので、
その比率はだいたい10万分の1です。

つまり、毛穴よりも小さいクレイの粒子が、
毛穴の奥の汚れや古い角質をキャッチ取り除くのです。

鉱物なので安定していて、微粒子なため、肌に良くなじみます。
また、この粒子の小ささだからこそ、肌のバリアなどを傷つけることなく、
皮膚の角質の間にしっかりと入り込み、目には見えない細かい汚れや皮脂、
毛穴の黒ずみまでしっかりと吸着し、取り除くことができるのです。




mironamiのクレイの最大の特徴はその吸着性にあります。

自然界に存在する全てのものは磁力を帯びており、
それは +(プラス)と -(マイナス)に分けることができます。この
+(プラス)と-(マイナス)は、磁石のように、
お互いに引きつけ合う性質があります。




ここで注目したいのがmironamiのクレイの性質と、
酸化した皮脂汚れや古い角質、お肌に有害な物質の性質です。

まず、クレイは -(マイナス)に帯電しています。

酸化した皮脂や汚れ、メイクの残り、ホコリ、ニキビ菌などの細菌は、
ほとんどが +(プラス)に帯電しています。


そのため、それらの +(プラス)に帯電しているお肌に有害な物質を、
クレイが磁石のように引き寄せて、クレイのカード状の粒子の層の一枚一枚に引き込み、離しません。

クレイの、毛穴の奥まで入れる粒子の小ささと、吸着するという天然の力で、
毛穴の黒ずみや老廃物、ニキビ菌に至るまで、お肌に有害な物質をグングン取り除きます。

次へ続く